古い町並み掲示板

84413
古い町並み・近代建築・集落・古い旅館などの専用掲示板です。 それ以外のことを投稿願っても、レスポンスは致しませんのでご了承願います。でも、必ず見ています。
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

こんにちは - ジャンボ

2017/05/25 (Thu) 23:52:14

菜の花の生態を調べていたら、ここにたどり着き莫大な、そして
詳細な情報に圧倒され今の今まで(軽く三時間程)様々なページを拝見させていただきました。自身の生まれ育った町も載っていて本当に嬉しくなりました。只々感嘆です。本当に尊敬します。
これからもサイト拝見させていただきます。また更新楽しみにしております。お体に気をつけてください。

こんにちは~ - レオ46世

2017/05/25 (Thu) 18:47:12

いつも拝見させていただいております。

もう毎日毎日HPを拝見させていただいて勉強
させてもらってます(笑)
凄い情報量で、自分の町歩きの参考にさせて
いただいてます。

ほんと、神のようなサイトです。
こちらと一期一会さんの情報量はすぐにでも
本が出せるくらいですね。

今後ともよろしくです~

伊賀街道 - 常夜灯

2017/05/24 (Wed) 08:11:01

伊賀市平田の梅家さん。築100年位で登録有形文化財。今も営業中ですが泊りは新館で旧館内は通路辺りのみの公開で客室等は非公開だそうです。

Re: 伊賀街道 - 七ちょめ

2017/05/25 (Thu) 10:47:06

この平田宿の梅屋さん。
2年ほど前に訪ねて女将と話したことあるのです。4名以上なら泊まれますよとの返事でした。
ただその時に奥に新しい建物があったどうかまでは知りませんでしたね。
当時の宿泊は街道に面した部屋だったと思っていましたが。
今ではダメのようですね。
この梅屋さんの左側(街道の鉤形部分)にも旅館があったのですが、そちらは随分早くに廃業され、今では改造されていて旅館だった面影が見られません。

こんにちは - ヨチヨチ URL

2017/05/19 (Fri) 17:02:42

良いお天気がつづきますね、快晴の夏日になりつつ位気温が上昇しています。暑い日々になりそう
昨日は同年有志会一泊旅行で知多半島巡りを楽しんで来ました。

こんばんは - ヨチヨチ URL

2017/05/08 (Mon) 19:43:10

大型連休明けが始まりました、連休中は雨も降らず良いお天気で行楽は人人の一杯のような気がします。私達の老人は孫も大きくなって連休には来なくなります、五月にはいてからは気温か夏日位まで上がっていますので熱中症に気付けることに心がける必要があります、

こんにちは - ヨチヨチ URL

2017/05/01 (Mon) 17:31:48

今日から五月になりました、世の中はGWの真っ最中で景気の良い二ュ-スが入って来ます、でも北朝鮮の問題はどうなるでしょうか、丸く解決する事を願っています。
また今月もよろしくお願いします、

こんにちは - ヨチヨチ URL

2017/04/21 (Fri) 14:25:18

週末はお天気が下り坂で陽射しがない為 肌寒く感じます。
今は新緑の緑の景色は美しい自然風景がいいですね、
画像は散策をしている時撮った写真です。

花見 - 常夜灯

2017/04/15 (Sat) 10:21:21

吉野に出掛けた。天皇陛下御宿泊、谷崎潤一郎をはじめ文学者も泊った「櫻花壇」中千本、上千本の眺めが良いらしいいが休業中。

Re: 花見 - 七ちょめ

2017/04/16 (Sun) 08:49:39

この「桜花壇」さんは廃業されましたね。旧態を保った古い旅館は次々に廃業されていく。上手く時代の流れに乗れないのでしょうね。

こんにちは - ヨチヨチ URL

2017/04/10 (Mon) 13:17:27

桜の花も散り始め桜木の寂びさを感じました、
今年の桜の花見はお天気は天候が不順で開花の花が長く延びたようです、
画像は荒子公園と金城ふ頭のレコランド隣にあります商業施設のお店です

禁止手? - 常夜灯

2017/04/09 (Sun) 14:16:56

太田垣蓮月さんの仮寓跡らしい。
蓮月さんは住いを何度か変えているので
いつの頃か?屋根がチョット傷んでいるのが
心配。醍醐寺門前。

Re: 禁止手? - 七ちょめ

2017/04/09 (Sun) 17:03:03

文学に疎いもので、名前も知りませんでした。江戸末期から明治にかけての女流歌人・陶芸家のようですね。
この仮庵跡は今は個人の所有になっているようで、その方が私費用で修理する??でしょうね。
この家に文学的な価値があるのかなど、私には全く判りません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.